ハッピーの種2 減げんcafé環境ルーム

ハッピーの種2 減げんcafé環境ルーム~しあわせって何だっけ?~
 
 場 所:春日クローバープラザ 5F 研修室506B
 
 時 間:13:30~16:00
      13:30~14:00 ゲストのお話
      14:00~14:15 ホストのお話
      14:15~14:45 鼎談
      14:45~16:00 ワールドカフェ
 
 参加費:無料
 
 企画運営:やさしい生活café いのちの学校

 内容:映画「いのちの林檎」のシェアリングスペースです。
    どなたでも参加できます。

    毎週月曜日に渡辺通りの「オーガニックカフェterra小屋(テラコヤ)」
    http://www.terra-coya.com/にて開催している『いのちの学校』を、
    今回「食育祭」の中で開催します。
 
    今回は『VOICE.Labo』の小山ゆみさんと
    『いのちと環境を守る福岡ネットワーク』の近藤加代子さんをゲストにお迎えし、
    電磁波や化学物質や放射能など今社会で問題になっていることについて”予防原則”
    というキーワードから話し合いたいと思っています。
    最近NHKあさイチでは、初めて耳にするような病気の紹介が度々放映されており、
    化学物質過敏症は、100万人にのぼるとのこと。謎の耳づまり病は20人に1人と
    言われています。体の不調をシェアする場でもあるcaféでお茶をしながら
    みんなで幸せについて、一緒に考えたいと思っています。
    ぜひハッピーの種を探しにいらしてください。

 ○ゲストプロフィール
  小山ゆみ(VOICE.Labo主宰)
     NPO『VOICE.Labo』代表。
     化学物質過敏症(CS)・電磁波過敏症(ES)患者の声を
     『生命にやさしいもの』を見分けるセンサーとして社会に
     役立てようと様々な活動を行っている。
     『VOICE.Labo』の活動は 西日本新聞・毎日新聞・朝日新聞・
     日刊工業新聞・フジテレビ・九州朝日放送その他多くのメディアにて、
     社会的意義のある活動としてとり上げられている。
     化学物質・電磁波過敏症患者。

  近藤加代子(いのちと環境を守る福岡ネットワーク)
     九州大学芸術工学研究院准教授、工学博士。専門分野は環境政策、
     環境経済学、社会思想史。
     著書に「循環から地域を見る-自然循環型地域社会へのデザイン」(海鳥社)等。
     電磁波過敏当事者。

 ○ホストプロフィール
  中村隆市  ウィンドファーム代表
  20代から有機農業・環境活動に取り組み、87年からフェアトレード事業を開始。
  有機農業とフェアトレードの普及でブラジル・マッシャード市から名誉市民賞受賞。
  90年からチェルノブイリ医療支援に関わる。『考える絵本 しあわせ』モデル。
  東北あしたの森代表。スロービジネススクール校長



食育祭トップページへ戻る
ページの先頭へ移動する