やさしい生活カフェ

[研究カフェ報告]11/15夜の部「食で養う免疫力!免疫力を上げる食べ方」

講師に栄養士の上村加寿子先生をお迎えし、
免疫力を高める食べ方についてお話しいただきました。
免疫を高める生活術、風邪の時のお手当法、免疫力を高める食などなど。
自分でできる免疫療法として、爪もみや頭のツボ押しも実践しました。
栄養士としてお料理を作るお仕事をされていらっしゃる先生が作ってきてくださった
・おいしい玄米おにぎり
梅干しをつけたときのしそを干して作ったゆかりと塩を炒って
ゴマを炒ってすりばちですった、ごま塩のおにぎり。
・黒豆煮
黒豆を椎茸昆布だしと醤油とお塩で味付け。
・小松菜ともやしのお浸し
小松菜をお味噌と生姜ともろみで和えたもの。
まだ生後11ヶ月の赤ちゃんも何度もおねだりしながら食べていました。
赤ちゃんは「本物の味」を本能的に知っているのでしょうね。
風邪の引き始めに効果的な梅醤番茶と共にいただきながら、
和気あいあいと楽しい学びの時間でした。

以下アンケートでの参加者の感想です。

・参加された皆さんと楽しくお話ししながら講習が出来て、とてもよい時間でした。
また是非、機会があれば参加させていただきたいです!(20代女性)
・すぐに実践できる内容でよかったです。
身体に良いお食事付で仕事帰りにとってもうれしかったです^▽^
知っていることの大切さ、くりかえしきいていきたい内容でした。
ありがとうございました。(40代女性)
・新しい情報を得られました。又、古い体験を思い出しました。(60代女性)
・広範囲の内容で、知らなかったこともあり、とてもためになった。
先生のお人柄も、好感を持てたし、お話の仕方がわかりやすかった。(50代女性)
・指もみ・つむじもみ、これからやります。(50代女性)
・健康的な調理のアイデアなど役立ちました。(40代女性)

(文責 五十嵐和恵)

 

__ 1 __ 2


Share on Facebook