CSRプロジェクト

「蕎麦打ち体験&試食会」

今年度の最後の作業日となった2月17日(日)に「蕎麦打ち体験&試食会」を開催しました。
朝から曇り空で風が冷たい寒い日にも関わらず、20名が集まってくれました
この日に使用した蕎麦粉は、無農薬栽培で昨年8月に種を撒き、11月から収穫、乾燥、脱穀、製粉をした蕎麦です。

蕎麦打ち経験者が1人しかいない状況にもかかわらず、NOKOファームショップの合言葉「上手にできなくてもいい!」「みんなで楽しくやろう!」で、唯一の蕎麦打ち経験者Kさんに指導してもらって、みんなで順番に二八蕎麦作りを体験しました。

材料は蕎麦粉320g、小麦粉80gで約4人前。
(10セット用意しました)

こね鉢の中で蕎麦粉と小麦粉をよく混ぜわせた後、水を 加えてよく混ぜ合わせ(この作業がそば打ちの中で一番重要だそうです)、
適度な粒状になったら、一固まりにして捏ねる(これは力がいります)
その後、のし板に移し、まず手で伸ばし、麺棒でさらに薄く伸ばしていきます。
ある程度の大きさまで伸ばしたら、折りたたみ、最後に包丁で切って出来上がりです。

出来上がった、蕎麦はその場ですぐに茹でて、みんなで食べました。
こね鉢が小さくて粉が混ぜにくかったり、打粉が足りなくなって蕎麦がくっ付いてしまったりと、初めてのことで失敗もありましたが、

みなさんの感想は
「蕎麦のいい香りがする」
「美味しい!」
「いい経験になりました」
「楽しかった!」
など、大好評でした。

笑い声や笑顔がたくさんの1日を楽しい仲間と過ごすとが出来ました。

もしかしたら、今日の蕎麦打ち参加者の中から、来年は蕎麦打ちの名人が誕生しているかも!?。

 

 

 

 

 

 


Share on Facebook


ページの先頭へ移動する